楽しみながらできるバイトは?

楽しみながら稼げるバイト

自分が楽しんでできて、更にお金も稼げるアルバイトと言えば、何でしょうか?
やはりリゾート地でのアルバイトというのはありますが、短期で稼げるアルバイトに限定してみましょう。

短期で楽しみながらできるアルバイト、それはイベントスタッフではないでしょうか?

イベントスタッフのお仕事

警備員主な仕事内容を大きく分けると
 ・会場関係
 ・警備関係
 ・接客関係
という3種類になります。

コンサートのイベントスタッフがおすすめ

個人的におすすめしたいのが、コンサートのイベントスタッフです。
コンサートはお客さんとして会場に入るのが最も理想的かもしれませんが、警備スタッフなんかだと、お客さんよりも近くでアーティストを見られるかもしれません。

しかし、本当はとっても厳しいのが警備スタッフのお仕事なんです。

コンサート会場での警備は何が起こるかわからないので、アーティストを見てはいけないというか、お客さんが危険な行為をしないか、立ち入り禁止区域に入ってこないかということに気を配らなければなりません。
ですから、実際はコンサート中のアーティストを見ることができないのです。
アーティストを見られるとすれば、コンサート中以外ということになりますね。

ということは・・・

普段のアーティストを見ることができるかもしれません。
これはこれでオトクです。

また、コンサートのイベントスタッフだと観ることは難しいかもしれませんが、タダで有名アーティストの生歌を聞くことはできます。
外でグッズを販売するスタッフだったとしても、その雰囲気を味わうこともできますし、少し遠くても生歌を聞くことができるということになります。

イベントは週末に

コンサートやイベントというのは主に週末や連休、夏休みや冬休みなんかに開催されます。
ですから、学生さんでも働くことができます。
特に夏休みや冬休みには色んなイベントが各地で開催されますよね。

イベントが多く開催されると、それだけで短期間にお金を稼ぐことは可能です。

時給は1000円以上!

イベントスタッフのアルバイトは殆どの場合が時給1000円以上です。
しかも、一日の労働時間はちょっと長くなりますよね。
つまり、本当に短期間でがっぽり稼げるということです。

お金の面だけでなく、普段は見ることができないイベントの裏側を知ることができるというのも、貴重な体験だとは思いませんか?
正にプライスレスですよね。

イベントスタッフは体力勝負?

イベントスタッフって、時給も良いし、短期間でがっぽり稼げそう。
しかも、有名人に会える可能性もあるなんて、とっても良いアルバイトだな~。

って思いますよね?
でも、メリットばかりではないことは確かです。

特に男性スタッフの場合は会場の設営や撤収、後片付けの仕事を担当させられることが多いので、兎に角体力勝負です。
お客さんの誘導や警備についても、100%安全を保障できるものではありません。
何かあった時には補償はあると思いますが、やはり何も無いに越したことはありませんよね。

そういったところもデメリットだと思います。

女性の場合は主に販売や接客のお仕事が多いと思いますが、男性スタッフと比較すると求人数が少ないことが予想されますので、うまくお仕事をゲットしてみてください。

      2014/08/20

 - イベントスタッフ ,